賃貸契約の進め方や契約条項の重要ポイントを解説、必要書類や解約する際の注意事項、入居してからのトラブルを回避する方法
賃貸契約の進め方や契約条項の重要ポイントを解説、必要書類や解約する際の注意事項、トラブルを回避する方法。
スポンサードリンク

トップページ

賃貸契約というのは貸す側と借りる側がそれぞれの条件が一致した時に約束事を予め契約書に記載し、後々トラブルにならないように前もって約束事を取り決めるというのが賃貸契約です。

賃貸一度契約すると双方は、その取り決めに基づき従うことになりますが、貸主と借主がそれぞれ対等な立場でなければいけません。貸主側は貸してあげている、借主側は貸してもらっているという意識はなるべく捨てたほうがいいです。

どちらかが一方的に不利になるような場合は、法律・借地借家法に基づき賃貸契約そのものが無効になる場合もありますので慎重に考えてから契約をしたほうがいいです。

今現在日本においては賃貸物件が余っており、空室のマンションやテナントや店舗が良く目立つようになりました。これは入居問い合わせが圧倒的に少ないということもありますが、入居敷金が高すぎたり、家賃が高い等の金額面で折り合いがつかないことが多いです。

そもそも昔からある物件は家賃をなかなか下げないことがありますが、新築でできた物件も最近では家賃をかなり抑えて設定してきますので皆さんそちらの物件を選択しますし、中古物件は事故物件もありますのでみなさん慎重になりがちです。

賃貸契約の効力

不動産契約賃貸契約を締結する上で一番慎重にならなければいけないのは、ご自分が負担する金額や契約違反した場合の違約金、そして退去するにあたり約束ごとを決めます。

この賃貸契約をした約束事がどの程度の効力があるかというと絶対にどうしても契約内容を撤回できないというわけではありません。特約として書かれていても条件によっては特約自体が効力を発揮しないこともあります。

契約内容について借主側が極端に不利になるような場合は、契約自体が無効になりますので、そもそも何の効力も発生しなくなりますが、家賃はちゃんと払わなければいけません。
これらを相対的に考えると賃貸契約の条項についてはそれほど重要なことではなく、契約後も一部不備があれば撤回することもできます。

消費者契約法

消費者契約法とは借主を保護するという目的で2001年(平成13年)4月1日に施行されました。 この法律は消費者保護の目的で消費者が一方的に不利になる契約内容があれば全てが無効になるとするものです。

消費者保護契約が無効になる可能性があると貸主側に報告するタイミングとしては入居中に消費者契約法に反していると言ってしまうとお部屋の設備に不具合が発生しても直してもらえないこともあります。

大家さんが同じマンションに住んでいると顔をあわせなければいけないので関係がぎくしゃくするのであまりよくありません。 言うタイミングとしては退去日が決定した1ヶ月前くらいに言うのがいいです。

解約

賃貸契約をしたらいつかは解約する時が来ます。解約の仕方として基本的に賃貸借契約書の書かれている解約方法に従ったほうがいいです。ご自分の判断で自分の都合のいいようなやり方をしてしまうと解約の手続きが終了していないということで更に1ヶ月分の家賃を払わなければいけない可能性がありトラブルの原因になります。→賃貸契約の解約